読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫のアダルトサイト閲覧がどうしても受け入れられない件

どうもこんにちは。yomoxです。

 

***

 

夫のアダルトサイト閲覧が受け入れられません。

 

やめときゃいいのに、閲覧履歴をチェックして(夫は知らない)、

夫のおかずの好みまで完璧に把握しつつあります。

 

それにしても男性のおかずは多様であるというのは本当なんですね。

だいたいは共通するようなテーマ(?)や身体的特徴、シチュエーションなのですが、

時折「なぜそれを検索しようと思った」というようなものが紛れ込んだりしていて、

面白いです。

 

いや、面白くないです。

 

閲覧するのやめてもらえませんかね?

 

でも、ネットでどれだけ悩みを検索しても、

「男はそういうもの」「彼女や妻とは別」「飽きたとかではない」

「禁止するなんてやめておけ」「ひどい」「無情だ」「血も涙も無い」

などという意見が散見されます(後半は適当に盛りました)。

 

女は、

「アダルトサイトを見たい!是が非でも見たい!閲覧を禁止されたり制限されたり干渉するなんてありえない!ふざけるな!」

とかは思わないので(多分、大抵の人は?ですよね?)、

なぜ男はそこまでこだわるのか理解できない。

 

たとえ理解できなくても、好きだと言っているならそれを(実害が無い限り)尊重するのが理想の夫婦なんだろうけど。

 

だから、頑張って尊重してますよ。

今見ているなーと思っても知らないふりしたり。

私には足りない身体的特徴で日々おかず探しをしていても、涙をぐっとこらえてエクササイズに励むのです。

 

でも、生理前とかの情緒不安定期には耐えきれず「見てるでしょ!やめてよ!」って怒ってしまったり。(でもやめない)

それで喧嘩してお互い疲れたり。

 

かれこれ一年以上はこの関連の問題で悩んでおります。

行為が少ないからっていうのも大いにある。

 

分かってるんですよ。

夫は疲れている。

愛情の形はそれだけじゃない。

夫の愛情表現はそれにこだわるものではない。

でも、生理現象として出すものは出す。

出さなければ機嫌が悪くなるし。

出せばるんるんになるので、そりゃ私だって一緒にいるならるんるんの夫の方がいい。

 

私の自己肯定感の低さと有り余った時間ゆえ、執着しすぎている。

 

でも、こだわり続けてしまうのは、分かってないからかもしれないですね。

 

***

 

とてもスタイルが良くきれいな人をおかずにしているのを見ると、素直に嫉妬心が湧きます。

そして、次からその女性をテレビや雑誌で見かけるたび、自分の中に嫉妬心がメラメラしてしまう。

 

張り合っても仕方ないのにね。

 

最近は、

「こんなにきれいで魅力的でたくさんの人から支持を得ているのだから、おかずに選ばれるのも当然」

「私よりも女性的魅力があって当然(じゃなきゃモデルやグラビアなどのお仕事で成功できませんから)」

「この人たちだって最初からこんなに魅力的で可愛かったわけじゃない(初期の画像などを検索すると大抵垢抜けない普通の女の子が出てきたりします)」

「私も、芸能人級にはなれないけど、私なりに私の良さを引き出せるように努力しよう。メイクとか髪とかスタイルとか、もっと研究して試行錯誤してみよう。中身ももっと明るくて大人な人間になろう」

「そして、夫にとって世界一大好きで可愛い女性になろう」

と考えるようにしています。

 

幸い、夫の女性の好みは履歴チェックでわかりますから、その系統に寄せるように自分なりの魅力を引き出したいと思います。

 

まずは見た目の改善よりも、ヒステリーを起こすことをやめて、いつもにこにこ穏やかで優しい性格になるべきかもしれませんが。

(夫がこの場にいれば首がちぎれそうなほどうなずいてくれるでしょう)

 

顔が可愛ければちょっと性格がアレでも許されるんですよ(ちょっとならね)。

 

***

 

今まで誰と付き合ってもおかず閲覧に嫉妬するなんてことがなかったので、自分でも戸惑っています。

 

それから、検索すると分かるのですが、同じような悩みを抱えている女性は結構いますね。

 

きっとこれは男になってみないと分からないんでしょうね。

そして、男になってみたら、「なんでこんなことで悩んでたんだろう。あほらし」と思うことでしょう。

 

来世は男に生まれたい。(終わらないので適当に締める)